感動のななちゃん物語 その6

ここで私たちは飼い主さんと一緒にななちゃんの生活の情報を整理させていただく事にしました。
皮膚の病気のようになかなか治らない疾患は、体質のほかに環境や食べ物が大きく関係している場合があります。
私たちスタッフの「栄養学」「薬学」「医学」に詳しい者がチームを組んでななちゃんの情報を整理して対応させていただこうと思いました。

まず、ななちゃんの基本情報ですが、
【犬種】柴系の雑種
【性別】女の子
【飼育状況】屋外飼育、冬場のみ裏庭へ
【体重】11kg前後(2002年10月23日生まれなのでおよそ5歳11ヶ月)
【今回の病気に対する動物病院の処置】2006年12月から2007年2月まで通院、獣医さんの「治りません」の言葉と金銭的な問題で通院を断念
【投薬】ファレキシン(抗生物質)、プレドニゾロン(ステロイド)、ビクタスMTクリーム(抗菌クリー ム)、デュクソスプレー(セラミドスプレー)
【その他】通院断念後、ロイヤルゼリーやプロポリス等を投与し皮膚の回復やかゆみがいくらか和らいだように見えていたが安くないので継続困難

残念ながら、病名は耳・アゴ・胸あたりのひどい脱毛と出血、掻痒感ということだけでそれ以外は分かりませんでしたがそれはあまりにも可愛そうな状況でした。
これらの情報から当時の獣医さんの処置は標準的なものだと思います。
しかし人間の場合もそうですが、アトピーや癌などは標準治療だけではなかなか病状が良くならないケースが出てきます。
次の項でその理由をご説明いたします。

関連記事

  1. フレブルさくらちゃん、ハゲているところが無くなった

  2. 薬を飲まさなくても正常になりました!

  3. ヨーキーのマリンちゃん 元気いっぱい(^o^)/

  4. 子犬に飲ませても大丈夫?

  5. 膿皮症の脱毛部に毛が生えてきました!

  6. 独協医大の教授もびっくり!!その2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)