ピクノジェノールは心臓病、タヒボはがん予防で飲んでいます。

ウチのマルチーズはサプリメント嫌いで困っています。
なかなかおやつのようには食べてくれません。
仕方なく食餌に混ぜて食べさせていますが、ごまかして粒を吐き捨てている時があります。
飼い主の心犬知らずとはこの事か・・・とため息をつきつつ、なんとか食べさせています。
この子のお父さんは心臓病で、お母さんはがんで亡くなりました。
今は心臓病を患っていますが、がん予防でタヒボも購入するようになりました。
今後もよろしくお願いします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

粒が難しい子は飲ませやすいように粒を砕いて、ご飯に混ぜて食べています。
砕いても成分は壊れませんが、放置すると空気に触れることで酸化しますのでお気をつけください。
お肉やチーズ、パンなど好きなものに巻いて食べている子もいます。
その他、チューブやシロップなど「粒が苦手な子専用の製品」も出ていますので、いろいろ工夫してみて下さい。
「うちの子はこうやってる!」というお話を沢山伺っていますので、スケアクロウ動物看護師に是非一度ご相談ください!

関連記事

  1. キャバリアの遺伝的な疾患

  2. 海外から専門的な質問!

  3. ポメラニアンの皮膚病、投与量は?

  4. メルモとボナンザと21歳の猫・その1

  5. ピクノジェノールのおかげで心臓病が進行していません!

  6. 17歳マルチーズ・トントンさんの話

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)