痴呆症の改善 ー獣医師より報告ー

日本犬と日本犬系Mixは痴呆症になりやすいのかも知れません。
先生の愛犬シロちゃん15歳は痴呆症と心臓病で悩んでおられました。
くるくる尻尾を追いかけるように回る。
夜中に奇声を発する。
激しい咳き込みはACE阻害剤で症状の緩和に努めていましたがあまり効果が見られず、ピクノジェノールを開始する事になりました。
血小板凝集能の値をみながら変化を追って行きました。
——————————————————
Mix犬 シロくん 15歳 オス
●9月27日
血小板凝集能タイプ判定+3(0が基準値、極度の亢進=血液ドロドロ)
※ピクノジェノール使用開始:2粒/1日(先ずは反応を見るために少量から開始)

●10月5日
血小板凝集能タイプ判定+2強
激しい咳き込み、呼吸困難は残るがくるくる回る回転数は若干減っている。
※ピクノジェノール:4粒/1日に増量

●10月12日
血小板凝集能タイプ判定+2
咳き込む回数、呼吸困難がやや少なくなったようだ。
※ピクノジェノール:6粒/1日に増量

●10月28日
血小板凝集能タイプ判定+1強
咳き込みは前回よりやはり減っている。
※ピクノジェノール:6粒/1日

●11月28日
血小板凝集能タイプ判定+1
奇声と奇妙な泣き声をほとんどしない。
※ピクノジェノール:6粒/1日

●12月24日
血小板凝集能タイプ判定+1
開始当初の状態から確実に良くなってきている。
くるくる回る行動は多少残るが奇妙な泣き声はなくなった。
※ピクノジェノール:6粒/1日

〒375-0004 群馬県藤岡市森558-3
高橋動物病院

関連記事

  1. 口内炎の猫ちゃんに担子菌抽出エキスAHCC。

  2. メルモとボナンザと21歳の猫・その2

  3. シーズーの心雑音の悪化も抑制しました

  4. 心臓病のバブちゃん、病状良好です!!

  5. 15歳、前庭疾患の再発もありません!

  6. ボーダー・コリー 毛が生え始めました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)