放射線治療後タヒボ服用、半年後CTの結果は!

鼻腔内腫瘍。
字の通り鼻腔内に出来る腫瘍で、鼻の内部に出来るだけに早期発見が難しく、気付いた時は大きくなっていて手遅れになりやすい病気です。
そんな鼻腔内腫瘍と闘うシュナウザーくんの飼い主様から、驚くべきお便りが届きました!

~~~~~~~~~~~~~~~~
ミニチュアシュナウザー 8歳 6kg オス

放射線治療後2ヶ月してからタヒボを毎日2粒(朝・夜1粒ずつ)飲んでいます。
半年後のCTで、鼻腔内のガンがキレイになくなっていました!
完治ではないので、今後もCT検査をしながらタヒボを飲んで頑張っていこうと思います。
~~~~~~~~~~~~~~~~

シュナウザーくんの身体が楽になり、大変嬉しいです!
そして、苦しむ愛犬の体調が快方へ向かった事で飼い主様のお気持ちも上向いた事でしょう。
これからも多くのワンちゃんネコちゃん、そして飼い主様の助けとなれれば幸いです。

関連記事

  1. 自己免疫疾患の症状が改善されました

  2. 3日で一瞬立ち上がった!パグの過酷な闘病記

  3. 腎臓がん 猫のシェイクちゃん復活しました!

  4. アレルギー性皮膚炎改善 ー獣医師より報告ー

  5. マルチーズ 毎日ニコニコ笑っています!

  6. あの時、手術を選ばなくて良かった。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)