外科手術の前に辿り着いて良かったです★




本当にありがとうございます。

グルコサミンは先月28日迄毎週注射治療してた時は効果のほどが分かりにくかったですが・・・
以後はグルコサミンの力のみなので「あ!やっぱり効果出てる!」って実感してます。
腰の揺れが徐々に薄れつつあり足取りがしっかり感出てきています。
しっかり歩ける事がジャックの表情を明るくし、ご飯の際は準備中の私の元に走って来ます。
ただ、じっと立ちんぼうの際は右後ろ足がクンニャリとしては「あっ!」とばかり本人が意識して、シャンとしようと足をまっすぐ立とうとしてます。

以前からパテラ3でそこへ関節炎が出ているというレントゲンの結果でした。
でもグルコサミンに辿り着く前、注射の効果が出る迄は本当に不安でいっぱいで、車椅子も考えなければいけないのか?迄深刻でした。
注射2回目をした12月14日以降にめざましい効果が出て私の不安は和らぎましたが「注射4回終えた後がどうなんだろう?」と漠然とした不安がまた襲って来ました。

12月20日、スケアクロウ様の広告をネットで見付けたのです。
本当に救われた気がしてます。
自身の健康も足の健康はいつも意識してますが、犬だって歩けてこそ生きてる証に思いますし、どこへでも自身を連れてくれるのが足ですし。
毎日お散歩しては日々観察してます。
これからも宜しくお願い致します。ボランティア活動の方々にもお知らせしたいです。

歩行困難な様子に胸痛めてる飼い主さんに希望が与えられる様に・・・
早ければ早い程良い結果を生むのは確かかと思います。
ジャックは劣悪な環境で長年背骨・関節に歪みを生じさせたと思われるので手術は不可能だと言われてます。
だから尚更毎日飲んで結果が出てるなら言う事無いです。
外科処置で生活水準下がるより、服用で水準下がらない方が絶対良いです。

関連記事

  1. ヨーキーゆいちゃんの心臓弁膜症・その1

  2. キャバリアちゃんのスリムアップ大作戦!

  3. 外耳炎、皮膚炎が軽くなりました

  4. ダックスファミリー体験談!~その2

  5. 猫Mix 担子菌抽出エキスAHCCを飲んで!!!

  6. キャバリアの遺伝的な疾患

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)